自動車保険の途中乗り換えは損?

自動車保険を切り替える方法には、現在加入している保険が満期になる時点で更新するか、現在の保険を解約して、他社の保険に加入し直すという方法があります。

更新する場合には、前1年間に保険を利用する事故があったかどうかによって、次年度の保険料が決まります。

保険を利用する事故があった場合(据え置き事故を除く)は、更新後の保険料が割高になるために、その時点で他社と比較する人も多くなっているようです。

それ以外にも、途中解約をして他社に乗り換えようとする人もいますので、途中で乗り換えをするメリット・デメリットについてみていきましょう。

自動車保険を途中で乗り換えることのメリット・デメリット

途中乗換のメリットは、単純に同じノンフリート等級での保険料を比較して、安い保険に乗り換えることができるということです。

しかし、更新時期を待って乗換えをするよりも、ノンフリート等級の上昇が遅くなるというデメリットがあります。

例えば、1年契約で更新時期が8月の場合、2月に他社へ乗り換えると、ノンフリート等級は次年度の等級ではなく、前社からの等級をそのまま引き継ぐ形になります。

そうすると、そこからまた1年間、翌年の2月まで同じ等級のままになってしまうのです。

また、事故後に途中乗換をする場合においては、乗り換え後は翌年度の等級で契約することになるため、更新を待つよりも早く等級移行が行われます。

つまり、等級が下がった状態で契約することになるために、乗換え後は保険料が高くなるというデメリットがあります。

ただし、更新時期を待って乗り換える場合でも、事故をした翌年の保険料は高くなるため、早く保険料を高くして等級の上昇を早めるか、更新までは安い保険料にとどまるか、ということになります。

途中乗換えが損か得かは、契約条件やサービス内容などを比較して、よりメリットの多い方が得だと言えます。

一番安い自動車保険の選び方!

一番安い自動車保険を選ぶためには、「一括見積もりサービス」がおすすめです。
保険料、補償内容、サービスなどを具体的に比較できるので、簡単なのにとっても便利!

インズウェブの一括見積もりサービスなら、
最短5分の入力作業で、最大20社の見積もりが取れます。(※ 見積もり無料)

自動車保険見積もりのインズウェブ

こんな人におすすめ!

  • 一番安い自動車保険を探したい人
  • 補償内容やサービスについてもしっかり比較したい人
  • 保険会社ごとに、個別に見積もり依頼をするのが面倒くさい人
  • 資料請求や見積もり依頼の後、しつこい営業にあいたくない人

最適な自動車保険は、人によって大きく異なる場合があります!
必ず複数の保険会社の補償内容・サービス・保険料を比較して、
安くて安心できる自分に最適な自動車保険を選びましょう。

自動車保険 見積もり

スポンサードリンク

このページの先頭へ