自動車保険の基礎知識

自動車保険とは?

保険には多くの種類がありますが、大きく分けると、「生命保険」と「損害保険」の2つの種類があります。自動車保険とは、故意ではない「偶然の事故」によって生じた損害を補償するための保険として、「損害保険」に分類される保険です。

通販型(ダイレクト)自動車保険とは?

『通販型(ダイレクト)自動車保険』とは、代理店や保険外交員を介さずに、インターネットや電話で保険会社に直接資料請求したり、契約を結んだりできるタイプの自動車保険です。

補償拡大型自動車保険とは?

従来の自動車保険は、相手に与えた損害に対する補償を重視して考えられてきましたが、「補償拡大型自動車保険」は、人身傷害特約などを組み合わせる事により、自身の過失の有無に関わらず自分に対する補償も確保できるようにした自動車保険です。

積立型自動車保険とは?

生命保険に積立保険があるように、自動車保険にも積立型の保険があります。一定期間が経過すると満期返戻金として積み立てた保険料の一部が戻ってくるシステムの保険です。

リスク分散型自動車保険とは?

リスク分散型(細分型)自動車保険とは、事故を起こす確率を細分化することによって、危険度の高い人と低い人の保険料に格差を持たせ、ドライバーの公平を保とうという仕組みの保険です。

自賠責保険と任意保険の違い

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。どちらも、自動車事故による損害を補償をするための保険には違いありませんが、それぞれの保険の目的や補償範囲には違いがあります。

自動車保険と自動車共済の違い

「自動車保険」と「自動車共済」は、どちらも自動車事故による損害を補償するために、任意で加入できる保険です。保険と共済の大きな違いは、それぞれに対する法律や監督官庁が異なるという点です。

このページの先頭へ