対人賠償保険

自動車保険の基本保障の一つに、他人を死傷させたときの賠償責任補償として「対人賠償保険」があります。

対人賠償保険はどの保険会社でも加入必須の補償となっており、この補償が無ければ自動車保険に加入している意味が無いとも言える保険です。

しかし、加入が義務付けられている自賠責保険でも同じ補償を受けられるのに、なぜ任意保険で重複して加入する必要があるのでしょうか。

「対人賠償保険」は自賠責保険への加入が必須

加入が義務付けられている「自賠責保険」と、任意で加入できる「対人賠償保険」は、どちらも他人を死傷させたときに被害者を救済するための補償です。

目的が同じなら、どちらか片方だけで良いではないかという人がいますが、自賠責保険で受けられる補償は、被害者を救済するための「最低限の補償」なので、支払われる補償限度額も決して多いとは言えません。

そして実は、任意保険の対人賠償保険の役割というのは、「自賠責保険で不足する部分を補償する」補完的な位置付けの保険として作られたものです。

例えば、自動車で死亡事故を起こし、賠償金1億円を遺族へ支払うことになったとします。

この場合、自賠責保険から死亡補償金として限度額の3,000万円が支払われ、残りの7,000万円が対人賠償保険から支払われることになります。

自賠責保険に未加入の場合には、基本的には対人賠償保険からの保険金も支払われません。

つまり、対人賠償保険だけに加入していて自賠責保険に加入していなければ、補償金は全額自己負担になります。

また、自賠責保険に加入していて任意の対人賠償保険に加入していない場合は、7,000万円が自己負担になります。

目的は同じでも、それぞれの役割が異なるため、どちらの保険にもしっかりと加入をしておくことが大切です。

一番安い自動車保険の選び方!

一番安い自動車保険を選ぶためには、「一括見積もりサービス」がおすすめです。
保険料、補償内容、サービスなどを具体的に比較できるので、簡単なのにとっても便利!

インズウェブの一括見積もりサービスなら、
最短5分の入力作業で、最大20社の見積もりが取れます。(※ 見積もり無料)

自動車保険見積もりのインズウェブ

こんな人におすすめ!

  • 一番安い自動車保険を探したい人
  • 補償内容やサービスについてもしっかり比較したい人
  • 保険会社ごとに、個別に見積もり依頼をするのが面倒くさい人
  • 資料請求や見積もり依頼の後、しつこい営業にあいたくない人

最適な自動車保険は、人によって大きく異なる場合があります!
必ず複数の保険会社の補償内容・サービス・保険料を比較して、
安くて安心できる自分に最適な自動車保険を選びましょう。

自動車保険 見積もり

スポンサードリンク

このページの先頭へ