最低限加入すべき任意保険の種類

「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害補償保険」の3つの保険は、任意と言えども、最低限加入しておきたい保険です。

しかしこれは、一般的な「最低限」ですから、高級車や大切なクルマに保険をかける人にとっては、車両保険も最低限加入しておきたい保険と言えるでしょうし、契約する人やその家族のカーライフスタイルに合わせて、何が必要で何が不要な補償なのかを見極めることが大切です。

対人賠償保険

対人賠償保険は、他人を死傷させて、自賠責保険の支払い限度額を超えたときに補償される保険です。

自動車事故を起こすと、場合によっては数千万円から数億円もの賠償金が課せられるケースもあるため、限度額は「無制限」が望ましく、これを下げるべきではありません。

保険料を安くしたい場合は、他の補償や特約などを見直しましょう。

対物賠償保険

対物賠償保険は、他人の車や建物などの財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負ったときに補償される保険です。

対人賠償保険と同じく、限度額は「無制限」が望ましいです。

保険料を安くしたい場合は、他の補償や特約などを見直しましょう。

人身傷害補償保険

自分自身や搭乗者を守るための「人身傷害補償保険」にも加入しておく必要があります。

人身傷害補償保険は、契約している自動車に限らず、その他の自動車に搭乗中または歩行中に自動車事故で死傷した場合も対象となり、過失の割合に関わらず補償される保険です。

限度額は、無制限であるに越したことはありませんが、3,000万円~5,000万円が一般的で、余裕があれば5,000万円~1億円の範囲で加入しておくと、より安心です。

人身傷害補償保険と似た保険に、搭乗者障害保険がありますが、どちらか片方を選ぶのであれば、人身傷害補償保険に加入すると良いでしょう。
( ※ 「人身傷害補償保険」と「搭乗者障害保険」の違い

一番安い自動車保険の選び方!

一番安い自動車保険を選ぶためには、「一括見積もりサービス」がおすすめです。
保険料、補償内容、サービスなどを具体的に比較できるので、簡単なのにとっても便利!

インズウェブの一括見積もりサービスなら、
最短5分の入力作業で、最大20社の見積もりが取れます。(※ 見積もり無料)

自動車保険見積もりのインズウェブ

こんな人におすすめ!

  • 一番安い自動車保険を探したい人
  • 補償内容やサービスについてもしっかり比較したい人
  • 保険会社ごとに、個別に見積もり依頼をするのが面倒くさい人
  • 資料請求や見積もり依頼の後、しつこい営業にあいたくない人

最適な自動車保険は、人によって大きく異なる場合があります!
必ず複数の保険会社の補償内容・サービス・保険料を比較して、
安くて安心できる自分に最適な自動車保険を選びましょう。

自動車保険 見積もり

スポンサードリンク

このページの先頭へ