等級すえおき事故とは?

「等級すえおき事故」とは、事故によって保険金が支払われた翌年も、事故があった年と同じ等級のまま、保険を引き継ぐことができる特定の事故のことです。

自動車事故で保険を利用した場合、通常は次年度の保険料が高くなります。これは、保険を使用したことによってノンフリート等級が3等級下がるためで、保険を利用すればするほど、保険料は高くなっていきます。

反対に、一年間事故などで保険を使わなければ、等級は1等級ずつ上昇していきますので、年々保険料が安くなっていくという仕組みになっています。

ところが、自動車保険を利用した事故であっても、次年度等級が下がらない事故もあり、このような事故のことを「等級すえおき事故」と呼びます。

「等級すえおき事故」が適用されるのは、基本的に相手がいない車両単独事故です。

■等級が据え置かれる事故

  • いたずら・落書き
  • 盗難
  • 火災・爆発
  • 台風・洪水・高潮・竜巻
  • 飛来、落下してきたモノとの衝突
  • 騒じょう・労働争議に伴う暴力行為・破壊行為
  • 窓ガラスの破損(飛び石などの偶然の事故によるもの)
  • その他偶然による事故

「等級すえおき事故」の対象になることを知らず、少額だからと言って保険を使わずに修理をしている人もいますので、加入の際には補償内容をしっかりと把握しておくことが大事です。

等級据え置き事故の廃止

2012年10月から大手保険会社を中心に「等級すえおき事故」が廃止され、「1等級ダウン事故」として扱われるようになりました。

これまで等級が据え置かれていた災害や盗難・いたずらなどで保険請求をすると、翌年は1等級ダウンして保険料が上がってしまうため、負担が軽くてすむ修理の場合は、保険を使うべきかどうか慎重に考えた方がよさそうです。

また、自分が加入している保険を見直し、「1等級ダウン事故」を導入していない保険会社と比較してみるのも良いかもしれません。

一番安い自動車保険の選び方!

一番安い自動車保険を選ぶためには、「一括見積もりサービス」がおすすめです。
保険料、補償内容、サービスなどを具体的に比較できるので、簡単なのにとっても便利!

インズウェブの一括見積もりサービスなら、
最短5分の入力作業で、最大20社の見積もりが取れます。(※ 見積もり無料)

自動車保険見積もりのインズウェブ

こんな人におすすめ!

  • 一番安い自動車保険を探したい人
  • 補償内容やサービスについてもしっかり比較したい人
  • 保険会社ごとに、個別に見積もり依頼をするのが面倒くさい人
  • 資料請求や見積もり依頼の後、しつこい営業にあいたくない人

最適な自動車保険は、人によって大きく異なる場合があります!
必ず複数の保険会社の補償内容・サービス・保険料を比較して、
安くて安心できる自分に最適な自動車保険を選びましょう。

自動車保険 見積もり

スポンサードリンク

このページの先頭へ