短期加入できる格安の自動車保険はありますか?

出張や旅行の際に、友人や知人から自動車を借りるなど、短期間だけ自動車保険が必要になるケースがあります。

このようなときに、短期間だけ自動車保険に加入できる方法を見ていきましょう。

短期契約は割高になる

自動車保険は短期間で加入することができる場合もありますが、その保険料は割高になります。

ですので、年間契約の月払いにしておいて1ヶ月で解約するなど、自動車保険が不要になった時点で解約したほうが、保険料が安くなることがあります。

所有者の自動車保険を借りる

自動車保険には、運転者を限定する特約(家族限定、本人・配偶者限定など)や、補償の対象になる年齢を制限し、保険料を安くするための特約があります。

これらの制限がかかった自動車保険の場合は、一時的に条件を変更してもらって、その間の保険料の差額を負担するという方法もあります。

自動車の所有者にとっては、条件変更の手続きが面倒だったり、万が一事故をした際は、その後の保険料が高くなってしまうというリスクを背負うことにもなりますから、事故で保険料が上がった場合の保険料の支払いについてなどは、トラブルにならないようにしっかりと話し合っておく必要があります。

「他車運転危険担保特約」を使う

自動車は所有しているけれど、旅行やキャンプなどで、友人からキャンピングカーや大きな車を借りる場合もあると思います。

このような場合は、自分自身が加入している自動車保険の「他車運転危険担保特約」を使える場合があります。

他車運転危険担保特約とは、他人のクルマを走行中に起こした事故によって生じた賠償金額を、自分が加入している自動車保険を使って支払うことができるようにするための特約で、所有者の自動車保険が家族限定や年齢条件などの制限で使用できない場合に適用されます。

一定の条件を満たせばこの特約を優先的に使うことができますので、事故に備えるだけでなく、自動車の所有者とのトラブルを避けるためにも、契約している保険会社で必ず詳細を確認しましょう。

ドライバー保険に加入する

ドライバー保険は、自動車を所有していない人でも、運転免許証を持っていれば加入できる保険です。

親族や法人名義の車などは対象外となりますが、他人の車やレンタカーを借りて運転する場合の事故に対応でき、主な補償には「対人賠償保険」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償保険」などがあります。

一番安い自動車保険の選び方!

一番安い自動車保険を選ぶためには、「一括見積もりサービス」がおすすめです。
保険料、補償内容、サービスなどを具体的に比較できるので、簡単なのにとっても便利!

インズウェブの一括見積もりサービスなら、
最短5分の入力作業で、最大20社の見積もりが取れます。(※ 見積もり無料)

自動車保険見積もりのインズウェブ

こんな人におすすめ!

  • 一番安い自動車保険を探したい人
  • 補償内容やサービスについてもしっかり比較したい人
  • 保険会社ごとに、個別に見積もり依頼をするのが面倒くさい人
  • 資料請求や見積もり依頼の後、しつこい営業にあいたくない人

最適な自動車保険は、人によって大きく異なる場合があります!
必ず複数の保険会社の補償内容・サービス・保険料を比較して、
安くて安心できる自分に最適な自動車保険を選びましょう。

自動車保険 見積もり

スポンサードリンク

このページの先頭へ